エステ 光脱毛

第6章 ユウカ★「再度エステへのチャレンジ♪」

2度のエステの強引な勧誘に、すっかりエステを敬遠するようになっていた私を
再びエステに足を運ばせたのは、私の女としてのプライドだった。

そのきっかけを作ったのは、同棲していた彼氏から振られたことだ。

「絶対にキレイになって、元カレを見返してやる!!」

そう決意した時、まずは脱毛から始めることにした。
私のことを長いこと悩ませていた黒い毛のせいで、振られたような気にさえなっていた。

「この毛さえ無ければ、もっとキレイになれる」

完全な思い込みだった。

ただそうは言っても、また強引な勧誘を受けるのは絶対に嫌だった。

そこでエステに通っていると聞いていた友達に、通っているエステの様子を聞いてみることにした。

聞いてみると、無理な勧誘もなく、スタッフもみんな気さくでいい人が多いとの事。
紹介してくれる、というので、友達と一緒にそのエステを訪れた。

担当してくれたのは、若いけどチーフを務めているエステシャンの女の子。

私がかなりやる気になっていたから、というのもあるけれど、
その子のとても丁寧な説明と、お人よしの性格が気に入って契約を決意。

私が契約したのは、ワキ、ひじ下、ひざ下という3箇所の光脱毛。
永久脱毛では無かった(医療機関以外で「永久脱毛」と表現するのは禁じられているらしい)けど、ほとんど目立たなくなると言われた。

アフターケアの化粧品等も含めて、1年間で12万円強のお値段。

本当はひざ下というと「ひざ」は入らないらしいが、ちょっと不満を言うと、ひざまで同じ値段で契約に入れてもらえた。

こういう融通を利かせてくれるエステサロンが存在することに少し驚いた。
全国に2店舗しかない、小規模のサロンだからなのかも知れない。

とにかくそうして、3度目のエステ脱毛生活が始まった。

「脱毛からの解放」へ

第6章「再度エステへのチャレンジ♪」関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】