抑毛、除毛、脱毛それぞれの特徴とメリット

脱毛・除毛・抑毛はどう違うの?

抑毛、脱毛、除毛ってそれぞれどう違うの?

全てムダ毛に対してつかわれる言葉ですが、それぞれ少しずつ意味が違ってきます。その違いや、どういう仕組みで毛を処理するのかを簡単に説明します。また、一番キレイに仕上がるムダ毛処理や効率よくムダ毛を無くすためのコツも紹介します。

脱毛は「毛が生える力を弱めていく」

脱毛は「光や熱・電気を利用して毛の生える力を弱める」事です。 方法により永久性や効果の出方、痛みや費用は変わってきますが、 基本的には毛そのものが生えにくくなります。 また、それに伴い毛穴が小さくなるのが大きなメリットです。参考:フラッシュ脱毛の仕組み

・エステでの光(フラッシュ脱毛)
・病院での医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛

がこれに当たります。銀座カラーで受けられる脱毛も光(フラッシュ)脱毛です。

除毛は「出ている毛だけを処理」

除毛はクリームや摩擦、ワックスを利用してムダ毛を処理していきます。 メリットとしてはその日につるつる綺麗な肌になります。しかし、毛の生える力は変わらないため またすぐに生えてきてしまいます。カミソリでの自己処理なども除毛になります。 皮膚の表面に出ている毛だけを退治するため、どうしても毛根が残り毛が生えている事が分かる肌になってしまいます。

・シュガーワックスやブラジリアンワックス
・除毛クリーム
・カミソリや電気シェーバーなどの自己処理

などは除毛になります

抑毛は「毛の生えるスピードを遅らせ、毛を細くする」

抑毛は毛の生える力を抑えて徐々に生えるスピードを遅くしたり、毛を細くしていきます。抑毛には大豆イソフラボンやパイナップルの酵素などが効果があると言われています。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、直接毛穴から取り込むことで、毛の成長を遅くします。パイナップルの酵素はたんぱく質を分解する力がある為、毛根の毛を作るたんぱく質の働きを弱め、毛を抜けやすい状態にします。

抑毛ローションは自分で手作りすることも出来るので、手軽にチャレンジできます。しかし、効果があるかは人それぞれで、1ヶ月で少し薄くなったという人もいれば、1年たっても効果が感じられない人もいるようです。こちらは永久性はありません。どうしても塗り続けなくてはいけないのでコストや手間がかかりますね。

抑毛しながら脱毛をして完了までの回数を減らす!

抑毛や除毛だけでは、毛は生え続けてしまいます。自己処理の必要がほぼないお肌にするためには、どうしてもエステや病院での脱毛が必要です。そこで、オススメしたいのは抑毛をしながら脱毛をするという事です。 エステ脱毛と病院での脱毛の違いはこちらで紹介しています。 参考:エステ脱毛と医療用レーザー脱毛の違いって?

脱毛が完了する回数は人それぞれですが、少なくとも6回、多い人では15回程度でしょうか。完了するまでの回数が増えれば増えるほど、かかる料金や通う回数が増えてしまいます。同時に自分でも抑毛をしたり肌へのダメージを少なくする工夫をすると、完了までの回数が少なくなることが期待できます。

更に、保湿効果があるものを使えば、脱毛の効果を最大限に引き出すことができるので、やらないよりはやった方が確実に効果があります。単に脱毛に通うだけでなく、賢く脱毛を進めていくのが良いと思います。

銀座カラーでは保湿に力を入れていて、施術前も施術後もしっかりと専用のローションで保湿をします。効果の高い保湿をしていくことで1回の効果も最大限に引き出していけるというわけですね。

>>銀座カラーで脱毛する際の料金はこちらをチェック

エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】