エステでの光脱毛と病院のレーザー脱毛の違い

エステ脱毛と医療用レーザー脱毛の違いって?

エステ脱毛とレーザー脱毛

脱毛を受けるにはいくつかの方法がありますよね。
エステでの脱毛、病院でのレーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックスや自己処理、家庭用脱毛器…。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、今回は自分で行うものではなくエステや病院で受ける脱毛方法について紹介します。

エステ脱毛のメリットデメリット

エステで使われている脱毛方法は主に光を利用したものです。
フラッシュ脱毛とも言われています。
一番大きな特徴としては照射範囲が広く短時間で施術が終わるという点。
また比較的安価で受ける事ができます。
個人的には一番通いやすくて効果も出ていたのでオススメしたいです。

メリット

○施術時間が短い
○料金が安い
○痛みがない
○キャンペーンでまずは体験することができる

エステでの大きなメリットは料金の安さと痛みがない事でしょう。
手軽さという意味ではかなり敷居が低くなり、子供から大人まで誰でも受けられるようになりました。技術も年々進歩していますのでこれからも安くて安全に脱毛を受けられるようになると思います。

また、学割が効く脱毛エステもありますし、数千円で脱毛が受けられる体験コースのようなキャンペーンも頻繁に行ってます。上手にエステを選べば、かなり安く脱毛していく事も可能です。数年前は50万円ほどの全身脱毛も、今では15万〜20万前後で落ち着いています。

デメリット

×定期的に通わなくてはいけない
→エステで脱毛が完了するまでには6回〜12回ほどの施術を受けるのが望ましいといわれています。1,2か月ごとに通うので完了までは1年程度かかると考えた方が良いです。
ですが、1回の施術時間はそれほどかからないので大きな負担にはならないと思います。

×肌トラブルがあった時の対処が遅くなる
→エステは医師が常駐しているわけではありませんので、
トラブルがあればその後自分で病院へ行かなくてはいけません。
トラブルがないように万全の注意を払って施術をしていますが、それでも100%トラブルが起きない保証はありません。自分の肌の様子をしっかりとみておくのが大切です。

医療用レーザー脱毛のメリットデメリット

医療用レーザーはエステでのフラッシュ脱毛よりもかなり出力が高いもので、
毛が生えなくなる仕組みとしては同じです。

メリット

○少ない回数で効果が出る
○医師の診断があるので安心

病院でのレーザー脱毛は平均5回〜7回前後で綺麗になる方が多いようです。
特に太めで濃い毛ほど良く効果が出ますので、
ワキやビキニライン等はエステよりも少ない回数で脱毛が完了します。

デメリット

×痛みがある
×料金が高い
×病院によって差がある

 

最新のレーザー脱毛は照射範囲も広くなり、痛みも少なくなってきているようです。
しかし古い機械を使っている病院では痛みも強く、施術時間もかなりかかってしまい、料金も割高になってしまう事があるようです。病院の場合は実際に行って試してみないと分かりませんよね。その点では店舗が多く全国展開しているエステならばクオリティの差がなく安心と言えます。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに針を刺し、毛穴を破壊していく方法です。
レーザー脱毛が普及する前は永久脱毛といえばニードルでの脱毛だったようです。

メリット

○産毛にも効果がある
○永久脱毛性がある

デメリット

×痛みがある
×時間がかかる
×料金が高い

フラッシュやレーザー脱毛が進歩してきたため、ニードル脱毛を受ける人は減ってしまいましたが、産毛でも効果的な事や、永久脱毛と呼ばれるだけあり、一度施術を受けると毛が生えてこなくなる可能性が高い点は大きなメリットと言えると思います。
しかし、苦痛が大きいため途中であきらめてしまう方も多いようです。
実は、私も諦めたその一人です…。
参考:「ニードル(電気)脱毛お試し体験」

エステと医療用レーザーを比べてみると、どちらも一長一短なのが分かります。
手軽さや値段のリーズナブルさを考えるとやはりエステが勝っているように思います。
どちらも通わなくてはいけないので、通いやすいと思える方を選ぶのが良いと思いますよ!

エステ脱毛ではライバルがどんどん増えている状態なので、これからますます価格も下がり、お得なキャンペーンが始まると思います。

エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】