皮膚の黒ずみ、色素沈着の原因

脱毛の大敵!色素沈着の原因って?

脱毛の大敵、色素沈着について

お肌のトラブルとして多いものの一つに「色素沈着」があります。「黒ずみ」も色素沈着の一つです。この色素沈着、気づいたころには手遅れ…ってことが多いですよね。色素沈着が起こりやすい部位としては、ヒジやヒザ、お尻やデリケートゾーンなんかも多いです。

色素沈着や日焼け、黒ずみがある部分は脱毛が受けられなくなってしまいます。脱毛の大敵ともいえる、この色素沈着が起きてしまう仕組みを知り改善&予防して綺麗な肌を手に入れましょう。

色素沈着が起きる原因とは

色素沈着を起こしてしまう大きな原因としては3つあります。


・服や下着、ナイロンタオルなどによっての「摩擦」
・同じ姿勢や1か所に力がかかることによっての「圧力」
・カミソリや掻き毟る・・・などの「刺激や炎症」

の3つです。どれも肌を守ろうとして皮膚が黒く硬くなってしまうのです。

まずは摩擦ですが、これは下着などで起こります。特にナイロンなどの繊維が硬いものですと、摩擦によるダメージが大きくなり色素沈着を起こしやすくなります。デリケートゾーンの色素沈着の理由として一番多いものです。

次に圧力ですが、ひじをつく、ヒザたちをする、いつも同じ体勢…。意外とやってしまっている行為が色素沈着を引き起こしています。一か所に圧がかかると皮膚が硬くなり正常なターンオーバーができなくなってしまいます。ピーリングをして、しっかり保湿をすることで改善されていきます。あまり一か所に力がかかる体勢をしないように意識することが大事です。

最後に刺激ですが、これは掻いたり傷ついたりすることで皮膚が厚くなっていきます。虫さされを掻き毟った後や、ニキビを潰した後というと一番わかりやすいですね。これはカミソリや毛抜きなどムダ毛の自己処理も含まれます。間違った自己処理を続けると、どんどん皮膚が厚くなっていきます。

脱毛をするならば色素沈着にも気を使ってください。せっかくムダ毛のないお肌になったのに、黒ずみやシミが出来てしまっては綺麗さも半減ですよ!

黒くなる元凶は「メラニン色素」

メラニン色素はもともと、紫外線から肌を守るためにあります。ですから暑い地域や日差しが強い地域の人々は肌がもともと黒いのです。このメラニン色素が無いと、紫外線を浴びるだけで肌が火傷状態になったり、水ぶくれが出来てしまったり、皮膚がんになりやすくなったり…と大変な事態になります。メラニン色素はお肌を守るバリアのようなものです。

このメラニン色素は紫外線だけでなく、ホルモンやストレスによっても増えたりします。健康的な生活を心がけてUVケアをすることが美白への近道です!

ひとつ、注意したいのは生まれ持った肌の色以上に白くなるのは難しいという事です。肌本来の色までは戻る可能性がありますが、それ以上の美白は期待できません。黒人の方が日本やヨーロッパで生活しても肌が白くならないのはこういった理由からです。

次回は色素沈着を予防&改善するコツをご紹介します。


エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】