脱毛 服装

脱毛に行く時の服装を工夫しよう!

エステに通う服装

脱毛に行く時の服装なんて何でもいいんじゃないか、と
脱毛に通ったことがない人はそう思うかも知れません。

でもいざ通ってみると、「こんな服で来るんじゃなかったな」「こんな髪型で来るんじゃなかったな」と思うことがあります。

それを、これから初めて脱毛に通う方に伝えたいと思います。

(主観もあるかも知れませんので、ご承知置きを!)

脱毛に通う際に不便な服装・髪型

ワンピースやサロペットなどのオールインワンは避けた方が無難

脱毛を行う部位にもよりますが、例えば上半身だけをやる場合は上半身だけを脱ぎ
専用のタオル素材のスカートのようなものを身につけて脱毛します。

逆に下半身だけを行う場合は、下半身のみを脱げばOKです。

つまりワンピースなどだと、どの部位を脱毛するにも全身脱がなくてはならないのでとても面倒くさいのです。

なので私は必ず、ワンピースなどは避けて脱毛に通っています。

面倒くさがりさんは、ぜひ参考にしてくださいね。

アクセサリーは極力身につけずに行く

指輪、ネックレス、ピアスなどのアクセサリーですが、部位に近い場所に身につけている場合は外さなければいけないケースがほとんどです。

そしてこれは私の性格の問題もあるかも知れませんが、なくさないようにと思ってバッグの置くにしまいこんでしまうと、バッグから出すのを忘れてしまうんです。

それで、次回そのアクセサリーをつけようと思った時に「ない!」となってしまいます。

それでもアクセサリーを身につけていきたい場合は、専用ケースを持って行ったり、
無くさず忘れないようなものの中にしまうようにするといい
かも知れませんね。

おだんごなどの髪型は避ける

以前に大きく失敗したのが、おだんごをして出掛けたことです。

脱毛の時は基本的に横になる姿勢(部位によって仰向けだったりうつ伏せだったりします)です。

ですのでおだんごやポニーテール、一つ結びなどの髪型だと、どうしても邪魔になってしまいます。また髪型も崩れやすいです。

特におだんごは最悪で、けっこう時間をかけてやらないといけないですし、ワックスなどの整髪料が必須なので、脱毛が終わった後の再現が非常に困難です。

しかも髪もおだんごを解いた後はたいていぐちゃぐちゃの状態なので、再現しないワケにもいきません。後ろ姿を見る鏡もないまま、けっこう時間をかけておだんごを直した記憶があります。

普段からおだんごヘアーをよくする人は、特に注意した方がいいですよ!

ロングブーツなどのブーツ類

「脱ぎにくい」これは誰もが思うことだと思います。

あとはちょっと恥ずかしいですが、『臭いが気になる』という点です。

仕事帰りの時などは特にそうです。一日中仕事で歩きまわった後ですから、そりゃ足も臭くなりますよ。って言いたいところですが、エステティシャンの人にそんな臭いで迷惑はかけたくないですよね。何より恥ずかしいですし。

なので脱毛に行く日は必ず、ブーツ以外の靴を履くようにしています。

脱毛に通う際に持って行くと便利なもの

●化粧品(化粧水、美容液、ファンデーション、アイライナーなど)

顔の脱毛をするときは必須だと思ってください。必ず顔全体のメイクを拭きとられます。

鼻下の脱毛の場合も鼻下だけでなく口周りまでメイクを落としますので、やはり同じように化粧品を持って行った方が良いと思います。

銀座カラーでも化粧水などは置いてありますが、敏感肌な私はそれが使えないので必ず持参しています。どんな化粧品でも問題ない人は要らないかも知れませんね。

●整髪料(ワックス、ムースなど)、ヘアピンなど

顔の脱毛の時は、ヘアバンドを行うことで確実に前髪が潰れます。

またそれ以外の部位の場合も、うつ伏せ寝をした時に前髪が潰れることが少なくありません。

銀座カラーではドライヤーは備え付けで置いてありますので、ドライヤーだけで髪型を復活させられる人は要らないかも知れません。それが難しい人は、整髪料も準備しておいた方が良いと思います。

これから脱毛に通う方は参考にしてみてください!

エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】