フラッシュ脱毛とシミの関係性について

脱毛でシミができるって本当?

フラッシュ脱毛とシミの関係

「エステで脱毛を受けたらシミができた…。」という話を耳にする事があります。頻繁に起こる事ではありませんが、少しでも可能性があると不安になるものです。

私もとても不安で銀座カラーで顔脱毛をする時に「シミが出来ることはないんですか?」と聞いたところ、スタッフの方は「脱毛の光は紫外線とは違うのでシミが出来る心配はありません、むしろフォトフェイシャルと同じ効果でシミが薄くなる可能性があります!」との答えでした。銀座カラーに通う限りはシミの心配はなさそうです!

>>銀座カラーの顔脱毛はこちら

しかし、体験談や口コミでシミが出来たという話があるのは事実です。なぜそんな事が起きてしまうか。簡単に言うと「脱毛のせいでシミになった」のではなく元々あったシミが表面上に出てきただけなのです。この場合のシミはすぐに薄くなるそうです。

詳しい理由についてお話しします。

フォトフェイシャルと脱毛はほぼ同じものである

そもそもシミになる可能性は誰でも持っています。そのシミが代謝によって消えていくか、長い間とどまって沈着してしまうかの違いです。「フォトフェイシャル」ってご存知でしょうか。光を当ててシミやニキビ跡、しみ、たるみに効果がある美容方法です。 このフォトフェイシャルの原理とフラッシュ脱毛の原理は実はほぼ同じなんです。ですから、1台の機械で脱毛からフォトフェイシャルまでできるようなものもあるんですよ

。二つの大きな相違点は出力です。光を強くしていくと脱毛になり弱い光だとフォトフェイシャルになるという事です。 フォトフェイシャルは肌の表面に光を当てて、肌の内部にエネルギーを送ることで肌を活性化させ、元々持っている「肌本来の再生力」を引き出していくような技術です。

肌を活性化させて元気な肌へ導く

光を当てることでターンオーバーを促進させ新しい細胞を作るように働きかけます。ターンオーバーが活性化すると、表面にあるメラニン色素(シミ)が新しい細胞に下から押されて角質としてはがれていくので、シミやニキビ跡に効果があるという事なんです。普通ターンオーバーが正常な人はシミの元が定着することなく垢としてはがれおちて行きます。つまり、顔の光脱毛で肌がきれいになる可能性はあり得ます

ですが、ターンオーバーのサイクルが崩れ新しい細胞が作られなくなると、シミの元がずっととどまり続け色素沈着へと進化していくわけです。 ここまで理解できたでしょうか。 つまり、私たちは表面に出ていないシミの元を沢山持っているのです。

なぜ「脱毛」の光でシミができてしまうのか?

真皮にシミの元がある状態で脱毛のフラッシュライトを当てると、細胞がどんどん活性化して新しい細胞が作られ、シミの元が押し上げらることでシミとして表面に現れます。これが「脱毛でシミができた」と言われている理由です。

ただ、脱毛をしてできたシミは、ターンオーバーが正常ならば1ヶ月ほどで薄くなり消えて行くシミですですので大きな心配はしなくて大丈夫でしょう。遅かれ早かれシミとなっていたものと言われています。原理としては上記にあるような流れですが、実際には紫外線の浴び具合や肌のダメージ、新陳代謝等も関わってきますので、一概に確実にそうであるとは言えません。

結論「脱毛で出来るシミはすぐに消える可能性が高くむしろ肌がきれいになる!」

フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の原理は同じですので、脱毛をしていくことでシミが出たり消えたり、くすみが取れたり、肌にハリが出たり毛穴が引き締まったり…という事が起きても納得できますよね。

銀座カラーの顔脱毛は料金が安いのに、脱毛効果+光の美顔効果+独自の保湿で他の脱毛サロンよりも綺麗な仕上がりだと評判です。私もその効果は実感していますよ!
(参考:顔脱毛を始める事にしました。


エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】