フラッシュ脱毛 仕組み

フラッシュ脱毛のメカニズム【毛周期編】

脱毛したことがある方は分かると思いますが、エステでの脱毛は1度行ったら1〜2ヶ月間を空けなくてはいけません。さらに、脱毛の完了までには平均6回程度施術を受けなければならず、自己処理の必要がなくなるまでには1年〜2年ほどかかります。

なぜ、こんなにも時間がかかるのかというと、主にエステで利用されているフラッシュ脱毛は、毛の生え変わるサイクルにあわせて行っていくのが一番効率が良いとされているからです。 徐々に毛根にダメージを与えていき、毛の再生ができない状態にしていきます。この毛の生え変わるサイクルを「毛周期」といいます。毛周期に沿って施術をすることで、脱毛の効果が得られるということです。

毛周期とは

毛周期について軽くご説明をします。少し雑学的な内容になってしまいますが、
へ〜!という気持ちで毛に関する豆知識を知ってみてくださいね。

毛の生える仕組みとは?

毛周期は成長期、休止期、退行期に分かれています。

成長期

毛穴の中で毛母細胞と呼ばれる「毛の元」が分裂をし、どんどんと毛が伸びている時期です。
ある程度の長さまで伸びると、退行期へ入ります。この時期に施術を受けるのが最も効果が出やすいようです。

退行期

細胞分裂がとまり、これ以上は毛は成長しません。
毛の根元の部分も縮小をはじめ、抜ける準備に入ります。
部位によって毛の長さが違ったり、永遠に伸び続けることがないのはこのためです。

休止期

毛の根元が縮小したことにより、毛穴から毛が外れて抜け落ちます。
下から押し出されるようなイメージです。
抜けた後の毛穴はしばらくお休みし、次に生える毛の準備をします。
この期間は部位によって変わりますが、数ヶ月程度の部分が大半です。

毛を作るうえで一番大切なのが毛母細胞です。
この毛母細胞が死んでしまうと、その毛穴からは毛が生えてこなくなります。
銀座カラーなどで使用されているフラッシュ脱毛は、毛母細胞にダメージを与えて生き毛を作る力を弱くさせていく方法です。だから段々と薄くなり自己処理が要らなくなるんですね!

体の部位で変わる毛周期

体の部位によって、成長期間、休止期間が変わります。一番分かりやすいのが頭皮です。
頭皮は8割は成長期の毛で、2年から6年ほどは成長を続けます。
髪の毛は1年で30センチ〜40センチほど伸びます。
※これは男女や年齢によって個人差がありますので平均的な値です。

どれだけ長い期間延ばし続けても腰の辺りまでしか伸びないのは毛の成長期が関係しているからのようです。ただ世界には、50年以上も延ばし続けて2mを超える髪の毛の持ち主もいるようですから、その限りではないのかもしれません。

逆に、ワキや腕、足、VIOラインなどは、成長期の毛穴が2〜3割程度で、残りのはお休み中の毛穴です。しかし、休止期間と成長期間が3〜4ヶ月と短いため、数センチ伸びては抜け落ち休止期間に入り、ほかの毛穴が休止から成長に入り、と伸びている毛穴と休んでいる毛穴の入れ替わりが激しいということですよね。

次回は、なぜ光を当てるだけで毛が生えなくなるのかということをご説明します。

エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】