脱毛 施術後の注意点

エステでの脱毛終了後に注意したいこと

脱毛後のお肌は「ちょっとびっくりしている状態」です。
変に刺激を与えてしまうと、赤みやかゆみなどのトラブルの原因になってしまいますので、 エステで脱毛した当日は肌に刺激を与えるようなことは避けましょう。
具体的には…


脱毛施術の後の注意点


ポイント(1)→汗をかいたり血行が良くなる行動を控える

半身浴や長風呂、運動や飲酒など、汗をかいたり血行が良くなるような行為は控えましょう。

 

湿疹やあせもなどの経験者なら分かると思いますが、温めると痒くなってしまいますよね。
それと同じように、脱毛施術の直後の肌は熱を持っていますので、温めたり血行が良くなるとかゆみや赤みが出る可能性があります。

当日のお風呂はさっとシャワーだけにしてくださいね。
もちろん、あかすりなどでこするのは厳禁です。
特に、肌の弱い敏感な部分は手のひらでやさしく洗ってください。

もしも、お家に帰ってから赤みやピリピリとした刺激を感じるようでしたら、
保冷剤や冷水などで、冷やしてあげてください。
それでもひかない場合は、すぐにサロンに相談してくださいね。




ポイント(2)⇒刺激になるようなことは避けよう

施術当日は出来れば化粧やスプレー類の使用は控えた方がよさそうです。
毛穴に汚れが詰まってしまったり、それが刺激となってしまう可能性があるようです。

また、脱毛後の肌は水分量が減っていますので、何かを塗ってしまうことで更に乾燥が進んでしまうかもしれません。

22時から26時はお肌の再生が活発になるゴールデンタイムです。
たまには早めに帰宅して、ゆっくり眠ると良いかもしれません。




ポイント(3)⇒保湿はしっかり!

肌にやさしいフラッシュ脱毛ですが、
それでも毛穴にダメージを与えていることには変わりません。
脱毛直後はどうしても乾燥しがちなので、出来るだけ保湿をしてからお休みになってくださいね。軽く保湿クリームを塗るだけで、ツルツルお肌になれるはずです。

乾燥肌になってしまうと、生えてくる毛が皮膚の下に埋もれやすくなってしまいます。
埋没毛というのですが、こうなってしまうと皮膚に傷をつけてしまったり、ゴマのようにプツプツとかっこ悪かったり、ムズ痒いようなチクっとするような感覚になったりと、良いことがありません。冬でも夏でも、保湿は大切です!



ポイント(4)⇒自己処理はなるべく避けよう

自己処理は肌が乾燥したり傷ついてしまう元になります。
肌にダメージがあると、それを守ろうと濃い毛が生えてくるという説もありますから、
自己処理は自らムダ毛を生やしているようなものです。
せっかくエステに通っているのですから、早く綺麗なお肌を手に入れたいですよね。

光を当てた範囲の毛は、2週間前後で自然と抜け落ちるようになっています。
そのあとは産毛など目立ちにくい毛が生えてくることがほどんどですので、
よっぽどの理由がない限りは出来るだけ自己処理を我慢する方が、脱毛の効果を最大限に保てます。

自己処理の方法ですが、毛抜きは絶対に厳禁です。
毛穴への負担が大きく、ボツボツと毛穴の周りの皮膚が浮いて鳥肌や青髭のような状態になってしまうみたいですよ。

他にも埋没毛になりやすかったり、毛穴に菌が入りニキビや吹き出物の元となったりと、良いことがないようです。どうしてもカミソリで自己処理をする場合は、そのあとの保湿は忘れないようにしましょう。

そう考えると、夏が終わって、露出が減る時期に脱毛を始めるのが賢いかもしれません。


エステ脱毛の基礎知識 関連エントリー


ただいま銀座カラーで脱毛中♪ 【脱毛効果と口コミ】